森と太陽の物語


森と太陽の物語(森と太陽のめぐみ)


日本の森林について地球温暖化問題森林整備活動について間伐材について森と太陽のめぐみ

木製架台を利用したメガソーラーシステム

地球上に降り注ぐ太陽光のエネルギー量は1m2当たり約1kW。枯渇することの無い自然のエネルギーです。
日本は、石油や石炭、天然ガスなどの化石燃料などのエネルギー資源の8割以上を諸外国からの輸入に頼っていますが、こうした化石燃料は有限の資源です。 新興国の経済発展などもあり、世界的にエネルギーの需要が増大し、化石燃料の価格が乱高下するなど、エネルギー市場が不安定化しています。
加えて、化石燃料の利用に伴って発生する温室効果ガスを削減することが重要な課題となっています。
太陽の光という無限のエネルギーを活用する太陽光発電は、そうした深刻化するエネルギー資源問題や温室効果ガス削減の有力な解決策の一つです。 太陽光発電はクリーンであることも大きな特長。発電の際に温室効果ガス等もほとんど排出しません。 再生可能エネルギーの導入拡大により、環境関連産業の育成や雇用の創出といった経済効果も期待されます。 地球にもやさしい太陽光発電。日本は、世界でもトップクラスの太陽光発電技術を有する国でもあり、その導入量のさらなる増加が期待されています。


木製架台を導入することで、日本の森林整備と間伐材の利用が活性化されます。


自然環境を保全し、持続可能な社会を構築していくために、太陽のめぐみと森のめぐみを活用する取り組みを推進します。

木製架台を利用したメガソーラーシステム

木製架台を利用した太陽光発電は、エネルギー源として十分な性能を持ち、持続可能な社会構築に貢献します。

・持続的に利用でき、資源が枯渇しない
・化石燃料に比べて、二酸化炭素など温室効果気体の排出量が少なく、環境汚染も少なくできる
・エネルギーの自給率を高め、枯渇性燃料の価格変動の影響を減らす
・故障しても影響が小さく、修理やメンテナンスも比較的速く済む
・分散型なので、供給システム全体の信頼性を高め、災害など不測の事態にも強くできる
・新しい技術・産業や雇用を創り出す



このページのトップへ