森と太陽の物語


森と太陽の物語(間伐材について)


日本の森林について地球温暖化問題森林整備活動について間伐材について森と太陽のめぐみ

間伐材とは、日本の森林持つ、二酸化炭素の吸収や洪水の緩和、水をきれいするなどの森林の機能を維持するために必要な間伐の実施により生まれる木材です。

間伐

間伐材とは、混みあった森林から曲がったり弱ったりしているスギやヒノキなどの針葉樹を抜きぎり、木の成長にあわせてその都度適正本数を保ち、木と土壌を保全する森林整備で発生する木材のことです。間伐を実施することで、間伐により森林の密度が調整され、木々は健全に生育します。
密度を調整することで、森林の中を明るく保ち、樹木の下に生える植物の生育を回復させることで、土壌の流亡を防ぎ、水源かん養機能を向上させ、良質な水を生み出し生息する動物の多様性の向上も図ることができます。
また、木材の生産・販売を行う林業経営においては、病害虫、風雪害等に対して抵抗力のある木を育成し、幹が太く、まっすぐで良質な木材を生産するために必要な作業です。健全な森林は、大気中の二酸化炭素を有機物して固定することで大量の炭素を蓄え、地球温暖化防止に貢献します。
京都議定書森林吸収目標達成のため、「森林の間伐等の実施の促進に関する特別措置法」が平成20年5月に公布・施行され、平成24年度までの期間において集中的に間伐を推進しています。



国産間伐材を活用した木製架台を導入することで、より多くの森林整備が可能に!


日本の人工林は1000万haあります。まだまだ整備されていない森林が多数あり、こうした森林を整備し、日本の森林資源を活用していくためには、整備で発生する間伐材の活用も課題となります。 木製架台を活用していただくことで、さらなる森林整備の推進が可能になります。

間伐



このページのトップへ